TOPICS

健康食品を取り入れる

目薬を指す女性

現代人の目の疲れが問題となっていますが、その原因がOA機器によるものだとわかっていることから解決の手段も必然的にみえてくるものとされます。年齢に関係なく目を酷使している今、解決に向けての取り組みが必要とされています。

記事へ

目の疲れをとろう

女性の目

目の疲れはデスクワークを長時間していると発症することがあり、取り組みとして目のマッサージを軽くすることで改善させると説明されています。またこの現状を受けて目の疲れに対する取り組みが強化された歴史があります。

記事へ

目の疲れについて

サプリメント

携帯電話、パソコンなどを使用する機会が増えてきたことなども関係して目の疲れを感じている人も増えてきています。ブルーベリーサプリメントは目の疲れに効果的で、平均的な価格は3000〜5000円くらいです。現在の取り組みとしてブルーベリーサプリメントを知ってもらうためにも宣伝に力を入れている所が多いです。

記事へ

目の疲れを回復しよう

生きていく上で大切な核酸が不足していると生命活動が危うくなります。不足分は料理やコチラのサプリメントを上手く活用してみましょう。

目の疲れが溜まってつらい時には目にやさしいケアを行いましょう。サプリメントでケアすることもおすすめの方法ですよ。

目の疲れに関わる栄養素

様々な疲労に対する回復を図る事が、健全な日常生活を送る上で欠かせない事になっています。一般的にあらゆる体内組織の疲労回復には、充分な規則的睡眠と栄養補給が肝心となります。 目の疲れでも同様の事が言え、酷使されやすい分、回復には気を配る必要が挙げられます。目の疲れから回復するために必要な栄養素としては、大きく分けて各種ビタミン群とその他成分とに分類されます。 目の疲れに関わるビタミン類としては、粘膜機能を維持するビタミンAや、細胞新生および神経伝達に欠かせないビタミンB群、周辺の毛細血管群の抗酸化作用および血管強度維持に貢献するビタミンCが挙げられます。 またその他の成分としては、魚介類に含まれるタウリンや亜鉛、ブルーベリーに含まれるアントシアニンが挙げられます。他にも近年では、緑黄色野菜に多く含まれるルテインと呼ばれる物質にも、目の疲れへの効能が期待されています。

回復を図る具体的な食品群

基本的に目の疲れを左右する栄養素群は、通常の食品から摂取できる確率が高いモノが多く含まれます。 具体的にはビタミン類は、各種動物または植物製食品からの摂取が見込めます。ビタミンAであれば鰻やニンジン・カボチャなどの野菜群から、ビタミンB群は豚肉、レバーや豆製品から、ビタミンCなら柑橘系果物にイチゴやジャガイモ、といった食品が挙げられます。 ただしこれらの食品でも、普段の食生活で摂れる機会が少ないと判断できる場合には、マルチビタミンや各種ビタミン単体でのサプリメントを活用する事も有効とされます。 またブルーベリーや赤キャベツに含まれるアントシアニン、ホウレン草やブロッコリーなどに含まれるルテインといった成分も、食品以外でのサプリメント摂取を目的にした製品が提供される様になっています。